最新情報
最新情報
聖カタリナ高校TOP > 最新情報

カタリナ活動報告
長崎平和体験学習に参加してNo.2

 長崎平和体験学習に参加してNO.2 

  被爆67周年 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典  

 67年前、長崎に投下された8月9日、平和公園で行われる原爆死没者の霊を慰め、世界平和を祈念するための式典に生徒18名、教職員5名参加しました。被爆者の原爆体験や「平和宣言」のメッセージに耳を傾け、「原爆」「核」「平和」に対する関心を寄せました。夕方は平和祈念像の前から長崎教区信徒とともに松明行列に加わり、浦上教会の平和祈願ミサに出席し、長い時間の祈りを捧げました。

  《参加した生徒の感想》   

今回、長崎平和体験学習に参加させていただき、原爆の恐ろしさ、戦争することの無意味さを改めて実感し、今笑って過ごせる平和な毎日があることの幸せに気づくことができました。このような悲劇を二度と繰り返さないために、原爆が落とされた町を長崎で最後にするために、これから将来を担う私たちの世代が強い意志を持って伝えていかなければならないと思いました。(2年 高岡) 

被爆67周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参加した私は、世界中から原爆を無くすための動きを目の当たりにしました。首相や長崎市長、外国の方々までもがことばを述べられ、この平和祈念式典が世界的に意識の高いものであることを実感しました。今まで見てきたテレビの中ではなく、直接参加することによって、平和な世界にしていくことを考える機会となりました。(2年 二宮)

私たちが3泊4日の平和体験学習で学んだことは『命の尊さ』についてです。式典では被爆した方のお話を聞き、胸が苦しくなりました。長崎市長さんの「平和宣言」では平和になるために、今なすべきことは何かということを考えさせられました。長崎で学んだことを常に胸において、日々生活していきたいと思います。 (1年 伊藤 1年 藤田)