国際交流・留学国際交流・留学

国際交流・留学

聖カタリナ高校TOP > 国際交流・留学
聖カタリナならではの姉妹校契約で安心、充実した海外留学で活きた英語に触れ、国際感覚を磨くことができます。本校では海外の高校への1年間の留学を含む3年間で卒業ができる進級留学プログラムも用意されています。

留学 最新記事一覧

聖カタリナ発  世界にはばたく聖カタリナ発  世界にはばたく

聖カタリナならではの姉妹校契約で安心・充実した海外研修・留学聖カタリナならではの姉妹校契約で安心・充実した海外研修・留学

海外研修生を毎年受け入れ、毎年送ること28年。姉妹校との確固たる信頼関係が本校国際交流の魅力。研修生を送るだけでなく受け入れることで一段と深い国際理解の可能性が広がります。

ニュージーランドとアメリカ・シアトルで海外研修

視野を広げ、国際感覚を磨くために短期・長期の海外研修コースを設定。2006年度から「進級留学プログラム」がスタートし、さらに充実した海外研修を行っています。
※進級留学プログラム
海外の高校に1年間留学しながら、本校を3年間で卒業できる海外留学特別プログラムです。

アメリカ・シアトル留学・研修

シアトル留学・研修

短期留学・・3月 長期留学・・8月

シアトルは様々な企業が集まる産業都市であると同時に、安全で文化レベルの高い都市としても知られています。また、その美しさから「エメラルド・シティ」の愛称で親しまれ、全米で最も住みやすい町と言われています。このように恵まれた環境の中で様々な文化を体験し、英語力や国際感覚を磨くことができます。

【シアトル研修校】
【シアトル研修校】
  • ホーリーネームズ・アカデミー
  • JFケネディメモリアル
    ハイスクール
  • ノースウエスト・スクール
  • ビュージット・サウンド
    アドヴァンテイスト・スクール


■ アメリカ・シアトル研修

研修地 研修校 研修時期 備 考
長期研修 シアトル ・JFケネディメモリアル
 ハイスクール
・ノースウエスト・スクール
・ビュージット・サウンド
 アドヴァンテイスト・スクール
第2学年
8月より約1年間
高校で正規の
授業を履修する
(進級または休学留学)
短期研修 ホーリーネームズ・アカデミー 第1・2学年 3月に約3週間 全科・全コース希望者

アメリカ・シアトル短期・長期留学報告

素敵な人との出会い素敵な人との出会い
私は1年間のアメリカでの留学生活を通してたくさんのことを学ぶことができました。一番よかったと思うのは素敵な人たちとの出会いです。彼らは英語をうまく話すことができない私にも対等に接してくれました。そんな人たちの支えもあり、英語だらけの環境の中でも頑張り抜くことができ、大きな自信につながりました。留学を経験して本当によかったです。

[普通科2年]
大森 春香
松山市立雄新中学校出身
大森 春香
留学のすべてが私の宝物留学のすべてが私の宝物
私は幼い頃から英会話を習っていて、いつかは海外に留学したいと思っていました。3週間の短期留学は慣れないことで大変なこともありましたが、周りの友達や先生のサポートのおかげで乗り越えることができました。文化の違いや国民性の違いなど、多くのことを肌で感じることができました。すべての思い出が私の宝物です。この留学に関わってくれた全ての方へ感謝したいです。

[普通科3年]
日野 汐梨
松山市立拓南中学校出身
日野 汐梨
ページの先頭へ

ニュージーランド留学・研修

ニュージーランド留学・研修

短期留学・・3月 長期留学・・2月

姉妹校提携を結んでいるセント・メアリーズ校やセークレット・ハート校は、首都ウェリントンに位置しています。政治や文化の中心地で、英語力を高め、国際理解を深めることができます。サザンクロス語学学院があるクライストチャーチはガーデン・シティと呼ばれ、イギリス文化を色濃く残す街として有名です。語学の徹底的な学習と共に、異文化に対する理解を高めます。

【ニュージーランド姉妹校】
【ニュージーランド姉妹校】

[クライストチャーチ]
  • サザンクロス語学学院

[ウェリントン]

  • セークレット・ハート校
  • セントメアリーズ校


■ ニュージーランド研修

研修地 研修校 研修時期 備 考
短期研修 ウェリントン ・セークレット・ハート校
・セントメアリーズ校
第1・2学年
3月に3週間
全科・全コース
希望者
長期研修 姉妹校留学 第1学年
2月より約1年間
姉妹校で正規の
授業を履修する
(進級留学)
第2学年
2月より約1年間
姉妹校で正規の
授業を履修する
(休学留学)
語学学院研修 クライスト
チャーチ
・サザンクロス語学学院 第2学年
3月より約1年間
聖カタリナ学園の
支援で設立された
語学学院
(休学留学)

ニュージーランド短期・長期留学報告

経験が次へのステージへ経験が次へのステージへ
日本にいては分からないこと、感じられないことがニュージーランドにはたくさんありました。現地で生活し様々な人たちと関わることで英語はもちろん、異文化や異なった価値観を理解することができました。長期留学は楽しいことばかりではありませんが、嬉しかったことや辛かったことの全てが私の良い経験となりました。カタリナでの留学経験から得たことを次のステージで生かしていきます。

[普通科3年]
上岩 仁美
松山市立桑原中学校出身
上岩 仁美
ページの先頭へ

海外姉妹校より長期研修生来校

ニュージーランドとシアトルの姉妹校より、本校へ短期・長期研修に来ます。授業や野外での活動を通してお互いの友情を深め、話せる英語力を学ぶことができます。

Esther Ong エスター・オン

Esther Ong エスター・オンEsther Ong エスター・オン

ニュージーランド セント・メアリーズ校より 長期留学
Esther Ong エスター・オン

私は日本に行ってみたいとずっと思っていました。日本への交換留学の機会が訪れた時、迷わず挑戦しようと思いました。そして、それは私の人生での最善の選択となりました。日本の生活と学校生活は、ニュージーランドのものとは大きく異なります。これまでの日本での滞在で、私は日本の生活習慣と文化について多くのことを学びました。最初の頃は、寂しく感じたり、何をしてよいのか分からず心配もありましたが、ホストファミリーとクラスメートたちが本当に私に良くしてくれて、いつも私のそばにいてくれました。私は今、松山での生活と聖カタリナ高校での生活をとても楽しんでいます。

セント・メアリーズ校が短期研修で来校

2015年9月17日(木)~9月26日(土)の10日間、姉妹校であるニュージーランドのセント・メアリーズ校(St. Mary’s College)の生徒20名、教員3名が短期留学で本校を訪れました。
来校期間中、セント・メアリーズ校の生徒たちは本校生徒の家庭にホームステイをしました。交流授業や校外研修を通して、両校生徒は貴重な国際交流を体験することができました。

  • 短期研修生来校画像1
  • 短期研修生来校画像2
  • 短期研修生来校画像3
  • 短期研修生来校画像4
  • 短期研修生来校画像5
  • 短期研修生来校画像6

9月18日(金)歓迎会での生徒代表 Eleanor Donnelly (エレノア・ドネリー)さんのあいさつ9月18日(金)歓迎会での生徒代表 Eleanor Donnelly (エレノア・ドネリー)さんのあいさつ

  • Hi, everyone. My name is Eleanor. We are from Saint Mary’s College. We are all glad to have arrived here. If you see us around school, please greet us. Out of the twenty of us, three of us study Japanese at school.We look forward to meeting you!! Thanks for listening.

    みなさん、はじめまして。わたしのなまえはエレノアです。
    ニュージーランドのセントメアリーズカレッジからきました。
    わたしたちはここに到着したことがうれしいです。

    もし、学校で私たちを見れば、私たちにあいさつしてください。
    二十人のなかに、さんにんが学校でにほんごをべんきょうしています。
    それでは、また授業で会いましょう!!どうぞよろしくおねがいします。
    (原文のまま)
  • 短期研修生来校画像6

 

体育の交流授業風景

ホームステイの受入れをした生徒の感想ホームステイの受入れをした生徒の感想


まず、「楽しかった」のひと言に尽きます!!受け入れができて本当によかったです。最初は不安で一杯だったけれど、日が経つにつれて、その不安もなくなっていきました。一番心配していた会話は、自分の話せる限りの英語と、翻訳アプリで乗り切ることができました。食べ物に関しては、魚介類が食べられない生徒だったので、魚介類を避けて、色々なものを食べさせました。留学生はふりかけが気に入ったみたいで、よく食べていました。我が家に来て、最初に覚えた日本語は「ふりかけ」だったかも知れません。10日間過ごしてみて、本当に楽しいことばかりでした。お別れは寂しかったけれど、留学生が「桜が咲いた頃にまた来たい!」と言っていたので、いつか再会できたらいいなと思います。

[総合学科3年] 角田 美郷(松山市立北条南中学校)


私は今回、小さい頃から習っている英語を使ったり、異文化を感じてみたりしたいという思いからホームステイの受け入れをしました。10日間という限られた時間の中で、思った以上に英語を使って留学生とコミュニケーションが取れたことが自信になりました。また、私たちとは違った視点で、松山の良い所を再発見することもできました。今回の受け入れをするにあたって、ベジタリアンである留学生の食事を準備してくれた母や家族にも感謝の気持ちで一杯です。習っていた英語を試す初めての機会を得ることができて、とても良い経験になりました。

[看護科1年] 重見 華乃(松山市立北条北中学校)

  • セント・メアリーズ高校について ニュージーランドの首都ウェリントンにある1850年創立のカトリック私立女子高校。

    本校の姉妹校であり、短期及び長期留学の交流を20年以上続けている。
  • 短期研修生来校画像6
ページの先頭へ