聖カタリナ学園高等学校 新校舎について聖カタリナ学園高等学校 新校舎について

ICT教育・新校舎について

タブレットと電子黒板を使ったICT教育を開始タブレットと電子黒板を使ったICT教育を開始

ICTを活用した授業の様子を動画でご覧ください

積極的な授業参加につながるICT教育の開始

積極的な授業参加につながるICT教育の開始

2016年度に入学する生徒より、特に普通科特別進学コースでは全面的に、
ICT(Information and Communication Technology)教育を開始しました。

この授業では、タブレットや電子黒板を導入することで、テストやアンケートを簡便にし、教育データベースやドリルといった情報が活用できます。
教科書をや図を映して教えることで、授業のポイントや指示の内容がより分かりやすく、生徒毎に異なる回答例の紹介など一人一人が意見を交わしあうことで、積極的な授業参加を促します。

デジタルネイティブ時代の新習慣、生徒一人一台のタブレット端末

デジタルネイティブ時代の新習慣、
生徒一人一台のタブレット端末

生徒は一人一台のタブレット端末を持ち、授業や予習復習の調べ学習で積極的に利用していきます。ICTを活用することで情報収集・情報選択のスキルやリスク管理を学習し、ICTリテラシーを身につけることができます。

普通科特別進学コースでは全面的にICT教育を取り入れ、普通科スポーツ進学コース、総合学科では部分的な導入を行っています。
看護科では求人情報の閲覧に用いたりと、さまざまな場面でWi-Fi環境を利用した最新の設備で学ぶことができます。

クラウドを使った学習支援サービス「Classi」

クラウドを使った学習支援サービス「Classi」

ICT教育の一環として、ソフトバンクグループのクラウド技術やタブレット活用、ネットワーク環境構築のノウハウと、ベネッセグループの教育に関する知見や学校現場との信頼関係を活かした「Classi」のサービスで最適な学習環境を提供します。

クラウドを使った学習支援サービス「Classi」クラウドを使った学習支援サービス「Classi」

2020年に大学入学希望者新学力評価テストがスタート

2020年に始まる
大学入学希望者新学力評価テストに向けた学習方法

2020年度には、大学入試センター試験が廃止され新しい試験が始まります。
生徒毎に異なる回答例の紹介など一人一人が意見を交わしあうことで、積極的な授業参加を促します。

「課題発見力」「探求力」「成果表現力」が求められるこのテストに向けて、他校に先駆けたICT教育を開始し、新テストにも対応できる学力を持った生徒を育てます。

全館Wi-Fi完備の新校舎のご案内全館Wi-Fi完備の新校舎のご案内

藤原校舎横に全館Wifi完備の新校舎落成

藤原校舎横に全館Wifi完備の新校舎落成

創立90周年記念事業として、新校舎を建設しました。永代にあった看護科も共に藤原の地で学ぶこととなり生徒の学習環境も大きく変わります。
現在の永代の地は大学に!平成29年4月に、聖カタリナ大学人間健康福祉学部看護科が誕生しました。
そこで、高校が藤原校舎一カ所にまとまるチャンスをいかして、新校舎建設と、従来の普通教室・特別教室の配置と運用をダイナミックに替えています。
全館にWi-Fiが完備されており、いつでも世界中の情報にアクセスが可能に。
日常的に豊富な情報に触れることができます。
これまでの学校の概念を覆すような斬新なデザインの新校舎です。

ページの先頭へ