ICT教育ICT教育

ICT教育

2016年度の普通科特別進学コースに入学する生徒より、ICTを活用しながら情報収集・情報選択のスキルやリスク管理を学習し、ICTリテラシーを身につけることができます。
生徒は一人一台のタブレット端末を持ち、授業や予習復習の調べ学習に積極的に使用します。
また、生徒はタブレットを使って学習時間の集計やスケジュール管理も行います。
タブレットを使えばWebテストも受けることができ、学校でも家庭でも効率的に学習を進めることができます。

2016年度 普通科 特別進学コースより開始


デジタルネイティブ時代の新習慣
デジタルネイティブ時代の新習慣

普通科 特別進学コースでは、
生徒1人1台のタブレット端末を持ち、
授業や予習復習の調べ学習に
積極的に活用します。

※他学科でも順次導入予定です。
タブレットと電子黒板を使ったICTの授業が始まります!タブレットと電子黒板を使ったICTの授業が始まります!
タブレットと連動でき、積極的な授業参加につながる電子黒板
タブレットと連動でき、
積極的な授業参加につながる電子黒板

教科書をや図を映して教えることで、
授業のポイントや指示の内容が
より分かりやすくなります。

生徒毎に異なる回答例の紹介など
一人一人が意見を交わしあうことで、
積極的な授業参加を促します。
新校舎は
全館Wi-Fi完備
新校舎内にはWi-Fiが完備されており、いつでも世界中の情報にアクセス可能です。日常的に豊富な情報に触れることができます。 年間進路指導計画に基づいた進路指導
生徒1人に1台
最新のタブレット
1人1台のタブレット端末を持つことで、積極的に授業や調べ学習で活用できます。
使用タブレット:iPad Air2
大学情報サポート
クラウドを使った学習支援サービス「Classi」

クラウドを使った学習支援サービス「Classi」クラウドを使った学習支援サービス「Classi」
クラウドを使った学習支援サービス「Classi」

ICT(Information and Communication Technology) 教育の授業では、テストやアンケートを簡便にし、教育データベースやドリルといった情報が活用できます。
ソフトバンクグループのクラウド技術やタブレット活用、ネットワーク環境構築のノウハウと、ベネッセグループの教育に関する知見や学校現場との信頼関係を活かした「Classi」のサービスで最適な学習環境を提供します。
2020年に大学入学希望者新学力評価テストがスタート
2020年に大学入学希望者新学力評価テストがスタート<2020年に大学入学希望者新学力評価テストがスタート< 2020年度に、大学入試センター試験が廃止され新しい試験が始まります。「課題発見力」「探求力」「成果表現力」が求められるこのテストに向けて、特別進学コースでは他校に先駆けたICT教育を開始し、新テストにも対応できる学力を育てます。
ページの先頭へ