校長室の窓から
校長室の窓から
聖カタリナ高校TOP > 校長室の窓から

校長の声
No.21 終業式後の図書館

No.21 終業式後の図書館 

20日(木)は2学期終業式の日でした。校長挨拶で片柳弘史神父の『こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366』から、一つの言葉を取り上げました。

片柳神父には、17日(月)のクリスマス祝会で司式者を務めていただきました。その時にも紹介の中で、2冊のご著書から短い言葉を選ばせていただいておりました。終業式で読んだのは、「できるところまで」―

 「やればできる」は、

  半分正しくて、半分間違っています。

 「やれば、できるところまではできる。

  やらなければ、できるはずのことさえ

  できないまま終わる」

  が正確な表現でしょう。

  どこまでできるかは、

  自分で確かめるしかありません。

午後、図書館に返しに行ったところ、数人の生徒が静かに読書や勉強をしていました。気持ちのいい光景だったので、片柳神父の本と一緒に彼女・彼たちも撮影させてもらいました。 

210 212