校長室の窓から
校長室の窓から
聖カタリナ高校TOP > 校長室の窓から

校長の声
No.12 校長室の記念日

No.12 校長室の記念日 

8月27日、2学期始業式で「愛媛新聞」の記事を枕に話をしました。式後、校長室に近藤シスタ-が別の新聞を持って来られました。8月10日の「京都新聞」でした。「被爆から73年を迎えた長崎市の浦上天主堂を平和学習で訪れた高校生ら=9日午後」として女子高生とシスタ-の後ろ姿が写っていました。間違いなく本校生と近藤シスタ-です。プロが撮ったすばらしい写真なので、ここに載せたかったのですが、通信社との関係で断念せざるを得ませんでした。残念!(「長崎平和体験学習」の項をご覧ください)

この日の午後、もう一人の来客がありました。1年生のHさんが一枚のプリントを持って来られました。4月と7月のセミナ-ハウスでの学習合宿で校長挨拶代わりに臨時ハイスピ-ドレクチャ-(?)をさせてもらったのですが、そのときの「一つの花」のプリントでした。(「1年生学習合宿」の項の写真をご覧ください)

Hさんは私が課題にしたままだった第3場面の「それはあのお母さんでしょうか」の「あのお母さん」について自分が考えたことを伝えに来てくれたのでした。Hさんの考えは想像力に富んだユニ-クなものでした。私は「一つの花」には一場面ごとに一文ずつ疑問文があって、そこにはある共通点が見られるのではないかな、などと補いました。Hさんは面白がってくれました。別の作品も読み直してみたいと言うので、今度は二人だけではなく、希望者を募って図書館ででも読んでみましょうか、と別れました。

この日は、校長室にとって、生徒が初めて個人的に来訪してくれた記念の日になりました。

(写真は、二日後、別の作品のプリントを取りに来てくれたときのものです。)

 

IMG_0087