校長室の窓から
校長室の窓から
聖カタリナ高校TOP > 校長室の窓から

校長の声
No.570 まだまだ続く新たな扉

 以下は、本日行なった普通科スポーツ進学コース2年生の修学旅行結団式での挨拶である。
 ――― 共学に移行したことから、過去90年にはなかった行事が次々と生まれています。今回の修学旅行もそのひとつと言えます。正に、昨年の学園祭のテーマであった「みんなで開く新たな扉」が、まだまだ続いているのです。
 これまでの本校の修学旅行は、6月の看護科と11月の普通科・総合学科の二通りでした。そのため運動部の生徒は、後者のところで大会に支障の無い生徒に限られていましたから、全体の半数も参加していませんでした。しかし、スポーツ進学コースの生徒数が増えたこともあって、この時期に新しい生徒集団の修学旅行を考えることができたのです。
 皆さんは、来年度、最終学年を迎えてその活動の集大成を期待されています。また、個人的にも、最高のパフォーマンスを見せようと意欲満々のはずです。そのために必要なこと、それは「お互いの切磋琢磨」であり「チームワークの強化」です。今回の修学旅行がそのために役立つことは言うまでもありません。スポーツ進学コースの生徒らしい修学旅行としてください。

570パンフ運動部