校長室の窓から
校長室の窓から
聖カタリナ高校TOP > 校長室の窓から

校長室の窓から
No.565 完成年度の期待

(始業式/校長挨拶抜粋) 皆さんも知っている通り、現在の天皇陛下は来年の4月末で退位されます。したがって、「平成」という元号は、あと16ヶ月で別の元号に代わることになります。近代国家としての日本は、「明治・大正・昭和・平成」と4つの元号のもとに発展してきましたが、元号が変わると社会の雰囲気、いわゆる世相も変わって行くことは過去の歴史が示しています。さらには、ここにいる皆さんの世代が、新しい元号での日本社会を主役となって担うことになります。その意味において、今年平成30年の社会の動きには、特に注意を払っておきたいものです。
 また、意味合いの違いがありはしますが、現在の本校は2年前に校名を変更して学校改革の真っ最中です。その柱としたのは共学への移行ですが、こちらは3ヶ月後には完成年度に入ります。完成ということばにふさわしい実態を整えながら、自らに誇る実績を遺していきたいものです。そのために不可欠なのは皆さんの大活躍です。全校生徒全員に期待しています。

565正門校名