校長室の窓から
校長室の窓から
聖カタリナ高校TOP > 校長室の窓から

校長室の窓から
No.552 オメデトウ!

 愛媛国体に本校から派遣した選手は、8競技に51名、過去最多となった。水球で6名とサッカーで10名、計16名の男子生徒の加わりが大きい。ところでその分、私の応援計画には苦慮した。既に決まっていたスケジュールもあり、結局、自分の目に映すことができたのは半分の4競技でしかない。訪ねそこなった選手たちが長く厳しい練習に耐え抜いたことを思うと、今叩いているキーボードの文字が申し訳のなさで霞む。
 ときに、目にした中での圧巻はボウリング少年女子個人戦決勝の3ゲーム。予選6ゲームを終えて15ピン差の第3位で臨んだ試合は、成績順に2人1組で1フレームごとに投球レーンを交替し、1ゲーム終えるとレーンを2つ移動する。したがって、1位の選手と隣り合うレーンで投げることが何度もある。互いのストライクが目に入り、また、スプリットの危機にも気付くはず。息を凝らした観戦者の視線は転がり行くボールを追いかけ、弾けたピンを確かめるや大きな喝采を送る。見事な逆転優勝であった。心からのオメデトウ!を贈ります。ご両親にもお声をかけて握手を交わし、優勝の喜びを交換した。

552愛媛国体入場行進